【外国人が怖い!】緊張から抜け出す3つのアプローチ

目の色の違う筋肉隆々の外国人を目の前にすると、恐怖で頭が真っ白になります…笑われるんじゃないかとか、伝わらなかったらと考えてしまって外国人に話しかけられません…

 

そんな「外国人が怖い!」という症状に悩む方も多いですよね。単語も文法もしっかりやっているし、教室でもある程度は話せる。けどいざ本場の外国人を前にすると緊張で…

 

今回の記事では、そんな外国人に対する恐怖を乗り越え、堂々とコミュニケーションが取れるようになる3つのアプローチを解説します。

 

今回の内容を実践して、自信を持って、国境を超えたコミュニケーションを取る喜びを体感して下さい!

 

 

1.外国人が怖いの本当の原因

f:id:vr_english:20180104091844j:plain

 

まずは「外国人恐怖克服のための3つのアプローチ」の本題に入る前に、何故あなたは外国人に対して恐怖を抱くのか?という原因を解明していきます。

 

私が実際に多くの人に関わってきてわかった原因は2つです。

 

  1. 失敗への抵抗が強い
  2. 人目を気にしすぎている

 

1-1.失敗への抵抗感

 

一つ目の原因は、失敗したくない!という感情です。文法、単語、発音、スラング…様々な知識を沢山学んでしまったがゆえに、知識に縛られて行動ができなくなってしまうんですね。

 

学校教育では、

 

・失敗→ダメなこと

・正解→正しいこと

 

という教育がされます。問題に正解すれば点数が貰えるという、分かりやすいシステムです。この教育のせいで「失敗してはダメだ!完璧に話さなくては!」という意識が刷り込まれてしまっている人がとても多いです。

 

そんな、完璧主義なマインドが一つ目の原因になっています。

 

1-2.人目を気にしている

 

二つ目の原因は「人目を気にしすぎている」という事です。

 

「間違えて笑われるんじゃないか。」「怒らせるんじゃないか。」そんな他人の感情を気にしている事が原因になっています。

 

特に外国人となると、言葉や文化の違いから相手の心情が読み取りづらいので、余計に恐怖を倍増させます。

 

もし伝わらなかったら…変なことを言って怒らせたら…そんな過剰な相手真理への執着が二つ目の原因です。

 

次の章では、この2つの原因

・失敗への抵抗が強い

・人目を気にしすぎている

を解決するための3つのアプローチを紹介していきます。

 

2.3つの解決アプローチ

 

f:id:vr_english:20180104091933j:plain

原因が分かったところで、実際に具体的な解決策をお伝えしていきます。外国人への恐怖は、考え方一つで一気に克服出来る事です。

 

特にしっかり英語を学んでいる方なら、外国人に対する怖さを克服した瞬間、一撃で言葉の壁が取り払われ自由にコミュニケーションを取ることが出来るようになります。

 

是非3つのアプローチを実行に移して、国境を超えたコミュニケーションの楽しさをその目で目撃して下さい!

 

2-1.完璧じゃなくていいを理解する

 

まずひとつ目のアプローチです。「英会話は完璧じゃなくても伝わる」という事実を納得して下さい。

 

文法滅茶苦茶、単語ハチャメチャ、発音ボロボロ。そんな英語でもコミュニケーションはいともカンタンに取れます。逆の立場で考えると分かりやすいのですが、

 

外国人が「すいません わたし いく したい きよみずでら」と話しかけて来たらどうしますか?

 

清水寺への行き方を教えてあげると思います。

 

 

伝わるんですよ。この文法の欠片もない「わたし いく したい きよみずでら」の単語の羅列で。だから、あなたが滅茶苦茶な英語を話そうと、外国人は理解してくれます。そして、親切に会話してくれますよ。

 

もし、外国人が「すいません、清水寺まで行きたいのですが、どのバスにのれば宜しいでしょうか?京都は初めてで…」と流暢に話しかけてきたら逆にびっくりするはずです。それほど、ネイティブレベルでサラサラと話す事は難しいんです。

 

私が大好きなマスター

 

私がよく行くカウンターだけのおでん屋台には、たまに外国人のお客さんが来ます。隣に座っておでんを食べるのですが、そこでマスターが

 

「ダイコン!ベリーデリシャス!イート!」

 

といった中学生以下の英文でニコニコ話しかけるんです。これも、伝わります。(隣で「Daikon is Japanese white radish...」などとフォローは入れたりしますが笑)

 

食べに来た外国人も、「Oden! Good! Nice!」と笑顔で返すんですよ。難しい文法や単語を使わなくても、素敵なコミュニケーションが取れることを実感した素敵な例です。

 

だから、

 

40点の英語でコミュニケーションは取れる

 

という事を五臓六腑に叩き込んで下さい。これが腑に落ちだけで、怖さは一気に半減します。

 

2-2.ワーストケースを考える

 

それでも怖くて行動出来ない!というあなたは「ワーストケースを考える」という方法を実行してみてください。

 

これは、行動した場合に起こる最悪のケースを考えるという方法です。

 

例えば、道端で迷っている風の外国人を見かけて話しかけようか迷っている場面。

 

・行動した場合の最悪ケース

→"大丈夫だよ"と断られる

 

 

考えられる最悪のケースってこのくらいですよね?突然殴られる事なんて有り得ません。こうすることで「自分が感じていた怖さは、実は大したことないんだ」という事に気付けます。

 

実際、人間が感じる恐怖の95%以上は誇大なんです。

 

恐怖には、理性で対抗しましょう。客観的に、論理的に今の状況を見ることで、「別に話しかけても大したことは起こらないんだ」と納得できます。これは様々な恐怖を感じる場面で使えるので、是非修得してみてください!

 

2-3.VRで練習する

 

言っていることは分かるけど、それでもやっぱり怖いものは怖いよ…そんなあなたに強くオススメする教材があります。それが「VR英会話」です。

 

VRで外国人と話す練習が出来るというスグレモノ。これなら失敗しても笑われることはないし、恥ずかしい思いをすることもありません。

 

バーチャルの世界で、どんどん練習できます。ついでに日常会話のパターンも身についてくるので、実践でそのまま使えます。

 

私も実際に体験しましたが、かなりリアルに「会話している」感覚がつかめるので

 

特に外国人と話す事に対して怖さや緊張を感じてしまう人は、一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

→VR英会話の詳細はコチラ←

 

3.まとめ。

 

外国人に対して恐怖を感じるのは

・失敗への抵抗が強い

・人目を気にしすぎている

の2つが主な原因です。

 

そして、それを克服するには

・完璧じゃなくても伝わる事を理解する

・ワーストケースを考える

・VRで練習する

こんなアプローチを取るとOKです!

 

英会話はとにかく実践あるのみです。少しづつ恐怖を克服し、英語でコミュニケーションを取る楽しさや、相手の言っている事が理解できる喜びをその全身で体感して下さい!

 

応援しています!

 

Yumi

 

 

↓以下の記事も読まれています↓

==============

 

今回の記事が役に立った!と思ったなら、以下の「人気ブログランキング」の画像をタップして応援宜しくお願いします!

 

 

それでは!